品川・目黒・大田・世田谷・渋谷区の道路名と資料

(東京都品川区、大田区、目黒区、世田谷区、渋谷区)

 道路には通称名や愛称名、道路法の路線名、都市計画道路名がつけられています。 東京都品川区、大田区、目黒区、世田谷区、渋谷区の5区内にある道路の管理者などがネットに公開している道路の位置図や名称をまとめています。

品川・目黒・大田・世田谷・渋谷区の道路名と資料

 東京で道路の名前がどのように呼ばれているかは『東京の道路の名前と資料』に示しています。 このページでは、品川・目黒・大田・世田谷・渋谷の5区内にある道路の管理者などがネットに公開している道路の位置図や名称をまとめています。 当サイトの5区内の道路の記述は、このページに記載した資料を基礎にしています。

道路の通称名や愛称名

 東京都の通称道路名や国道のバイパス名

経路案内標識の写真

通称道路名が入った経路案内標識

 玉川通りや青山通りといった東京都が定めた通称道路名は下記の図面や一覧表のとおりです。 5区内の東京都の通称道路名がついた道路は路線毎に『品川・目黒・大田・世田谷・渋谷区の道路』で紹介しています。

 東京都の通称道路名になっていない国道のバイパス名として、5区内では次の名称が使われています。

  • 国道357号八潮バイパス
    湾岸道路と第一京浜の共同溝を繋ぐ八潮共同溝が入る道路。
    湾岸道路(国道357号)の大井ジャンクション付近の名前のない交差点Google Mapから、海岸通り(八潮橋交差点〜新東海橋交差点)と山手通り(新東海橋交差点〜北品川二丁目交差点)を経て第一京浜の北品川二丁目交差点Google Mapに至る区間。

 区が定めた道路愛称名等

 品川区、目黒区、世田谷区は下記の資料のとおり道路の通称名や愛称名を定めていて、通称名標識を設置している区もあります。

 大田区は区道の通称名を定めたり表示する制度はないようですが、地元が呼んでいる通称名を区も使うとしています 1)

 渋谷区は従前は道路の通称名を定めず、地元が呼んでいる通称名を区も使うというスタンスでしたが、令和元年(2019)に16路線の通称名を定めました。 渋谷区案内図には16路線に含まれなかった通称名も記載されています。

道路法の路線名

国道番号の標識
都道番号の標識

 道路法の道路の正確な情報は、それぞれの道路管理者が備えている道路台帳を閲覧するなどして確認する必要があります。 5区内の道路の管理者は、次のようになっています。

  • 国道1号、15号、357号‥東京国道事務所品川出張所
  • 国道1号(多摩川大橋)、15号(六郷橋)‥横浜国道事務所神奈川出張所
  • 国道20号、246号(二子橋を除く)‥東京国道事務所代々木出張所
  • 国道246号(新二子橋)‥横浜国道事務所保土ヶ谷国道出張所
  • 国道357号(湾岸道路)‥東京国道事務所品川出張所
  • 国道131号、246号(二子橋)、466号(環八通り)‥東京都第二建設事務所
  • 都道‥東京都第二建設事務所
  • 区道‥それぞれの区
  • 首都高速道路‥首都高速道路(株)(権限の一部代行)
  • 東名高速道路、中央自動車道‥中日本高速道路(株)(権限の一部代行)
  • 第三京浜道路(国道466号)‥東日本高速道路(株)(権限の一部代行)

 それぞれの道路管理者がネットに公開している道路の位置や名称は下記のとおりです。

 道路法の道路は、建築基準法の42条1項1号道路になります。 特定の道路が道路法の道路かどうか確認できる建築基準法の道路種別をネットに公開している区もあります。

都市計画道路名

 23区は東京都市計画区域を形成しています。 都市計画道路の正確な情報は、下記の『都市計画道路の計画線の相談について』に示された部署に問い合わせる必要があります。 ネットに公開されている5区の都市計画道路の図面や一覧は次のとおりです。

臨港道路

主な臨港道路の図

主な臨港道路

図表出典〕東京都港湾局HP

 大田区の臨海部に臨港道路があります。 

 臨港道路は、右図のとおり大井埠頭などの道路で、道路法の道路とは異なり港湾管理者(東京港管理事務所港湾道路管理課)が管理しています。